普通免許の試験内容

◇普通免許の試験内容

普通免許の試験内容は以下の通りです

普通免許の試験内容と配点

文章問題

80問(各1点)

標識絵図問題

10問(各1点)

危険予測絵図問題

5問(1問につき設問が3問 完答2点)

100点満点

合格点

90点以上

◇出題内容

一体どのような問題が出題されるのか?気になりますね。
具体的に紹介しましょう。

文章問題

基本的な常識問題から、交通ルールに至るまで幅広い内容の問題が出題されます。
運転するにあたって心得ておかないとならないこと、また安全に運転するために必要な知識がここで問われます。

標識絵図問題

実際に運転するときに「知らない、わからない」では困る標識。道路には必ずあるものですから、それぞれの標識の意味をしっかりと勉強する必要があります。

危険予測絵図問題

別名「イラスト問題」
安全運転をするためには、いつでも危険を感じながら正しい行動を行わなければなりません。
その「危険予測」ができるかどうかを判断する問題です。

Related Post

意外と低い合格率『普通免許試験』!落ちた場合はどうなるの?意外と低い合格率『普通免許試験』!落ちた場合はどうなるの?

Contents1 普通免許の試験の合格率は高くない!?2 普通免許の試験に落ちた時の流れ3 どうしたら合格できるのか説明します 普通免許の試験の合格率は高くない!? 普通免許の試験に合格するのって、カンタンという印象を […]